北海道でリモートワークするエンジニアの日常

東京から札幌に移住したフリーランスのエンジニア。車、筋トレ、ライフハックネタが多め。

YouTubePremiumとYouTubeMusicのメリットとファミリープランについて

先日、YoutubePremiumが日本でも使えるようになったので、実際に有料プランに加入してみました。元々、PlayMusicの980円/月のプランに加入していましたが、家族がAppleMusicに加入していたのでこれを機に、ファミリープランでYouTubeMusicに統合することにしました。

YouTubePremiumの広告非表示はどんなかんじ?

www.youtube.com

広告なしで見たい動画がすぐに始まる体験はかなりストレスフリーです。あの広告のスキップボタンが押せるようになるまでの10数秒間が無くなるのがこんなに快適なのか!と感動を覚えます。仮に、月に50本動画を見るとして、動画一本につき15秒のCMの待ち時間があるとすると、50 * 15 = 750秒 = 12.5分+途中のCM分を無駄に費やしていることになります。まあ、たまに役に立つCM(見たかったTV番組の宣伝など)があったりはしますが、それを除いてもCMはないほうが良いです。これは文字で書くと単なる広告非表示なんですが、体験するとやめられません。

他のストリーミング系サービスにはない良さがあるYouTubeMusic

今まで、AppleMusic/Spotify/GooglePlayMusicを使ってきましたが、どのサービスのプレイリストも数日間聞いていると大体メージャーどころを聞き終わってしまう、というのがあり、段々と飽きが来るというのが正直な感想でした。

f:id:pawpuro10:20181118172108p:plain

一方で、YouTubeMusicは登録直後にお気に入りのアーティストを何人か選ぶんですが、その後におすすめを再生のボタンを押すと、お気に入りしたアーティストの曲を中心に、絶妙な曲をセレクトしてくれます。これは、選曲ロジックが良くなっている、というのもありますが、他のストリーミングサービスに比べて、YouTube上の音源が使えるというのが大きいのではないかと思います。新曲や発売前の曲も出ていることがあるし、ストリーミングサービスで配信していないアーティスト(B'zなど)の曲もあります。ただ、「飽きる」ということに関しては、しばらく使ってみないとなんとも言えないので、しばらく使ってみて記事を書こうと思います。

ファミリープランは高い?安い?

もともと我が家は、PlayMusicとAppleMusicに課金していたため、1960円/月かかっていました。今回、YouTubePremiumにファミリープランがありました。家族5人までがYouTube広告なしになる上に、YouTubeMusicまでそれぞれのアカウントで使えるようになるので、そちらに切り替えることにしました。金額も600円/月で5人までなので、トータル1780円で以前よりも-180円/月です。

また、ファミリープランの条件ですが、FAQ上は同居の13歳以上の家族という記述があります。厳密に同居していないとファミリープランを使えないかははっきりとはわかりませんね。

support.google.com

まとめ

広告がなくなるだけなのに1180円は高い!という声も目にしますが、実際の対象サービスを見ると、YouTubeMusicもPlayMusicも対象になっているので、逆に安いと感じます。今までPlayMusicを使っていた人はプラス200円でYouTubeの広告を非表示にできるわけですからね。今後PlayMusicは廃止されてYouTubeMusicに統合されるという噂もあるものの、僕は今までPlayMusicを使っていたわけですが、契約後の数日間の感じだと、YouTubeMusicばかり使うようになりそうです。