北海道でリモートワークするエンジニアの日常

東京から札幌に移住したフリーランスのエンジニア。車、筋トレ、ライフハックネタが多め。

リモートワーカーには昼休みのランニングがおすすめ

札幌でリモートワークをしはじめて半年ほどが経ちました。半年リモートワークをする中で色々な気分転換方法を探っていますが、最近お腹周りに肉がつき始めたこともありランニングを仕事の合間にやってみることにしました。

twitterには1日のスケジュールと感想を書いてますが、家を出て身体を動かすというのはとてもリフレッシュできます。リフレッシュするためには、場所を変えることと身体を動かすという2つは非常に効果的だと思います。

リモートワークを始めてからの身体の変化

半年ほど家で仕事をしていて通勤がなくなってしまったので、だんだん代謝が落ちているのを最近感じています。以前は、脂肪も筋肉もつきにくい体質だったんですが、最近は両方付きやすくなってきました(筋肉つきにくかったから嬉しいんですけどね)。また、外に出ないので風邪をひいたり体調不良になることがほぼ無くなりました。また、体が冷えやすくなったり、背中や肩の凝りが気になるようになったりと、1日家にいる弊害もありました。現在、週に1、2回はジムでのトレーニングをやっていますが、筋肉はつくもののなかなか脂肪が落ちなくなってきました。

昼に行なっているランニングは30分以内の軽めです。ランチ前に軽く走って、その後にサクッとランチを食べる流れ。1日の中で心拍数を上げることをすると、全身に血液が送られて、その後の仕事のエネルギーが満ちる感じがします。

リモートワークを始めてからの精神の変化

リモートワークは満員電車のストレスが無かったり、周りの雑音がないなどメリットがあるものの、工夫しないとリフレッシュすることが難しくなります。オフィスで働いていると、自然とオフィスを出れば仕事から離れられるため、ランチや通勤でもある程度リフレッシュが自動的にできます。一方で、リモートで自宅で仕事をする場合は特に家から出る用事がなければ、一日中家にいることも珍しくありません。そうなると、仕事と休憩のメリハリがつかず、デスクに向かっていてもイマイチやる気が出ない、ということになったりします。個人的には、この半年間一日中家で作業するよりも、ランニングに出かけたり、ランチを外で食べたり、場所を変えて作業する方がパフォーマンスが高いように思います。8時間ぶっ通しで集中するというのはそもそも無理ですし、うまくリフレッシュしつつ、4時間でも高いパフォーマンスを発揮できる方が、より仕事はうまく行くと思います。

まとめ

身体的、精神的なリフレッシュのためにランニングやジムでのトレーニングをやっていますが、これらはぜひ習慣化してやったほうがよいです。週1回とかだと、平日のパフォーマンスに影響が出るほどではないので、理想は毎日か二日に一回程度にすると、毎日リフレッシュした状態を保てると思います。家で仕事をするというのは楽でもあり、苦しくもあります。ぜひ自分の身体や精神状態をよく観察しながら、高いパフォーマンスが発揮できるような習慣を身に付けたいですね〜。